イベントレポート 地域学習塾 自立学習型

勇気があるから成長できる。生徒への徹底した勇気付けとは? 【Award受賞校ハイスクールMUGEN】1/2

今回Studyplus for School Awardにて、『Most Motivational School賞』を受賞した鹿児島のハイスクールMUGEN様のプレゼンです。

※『Most Motivational School賞』は、Studyplus for Schoolの運用体制が整備され、継続的な運用がなされていて、学習管理が生徒・塾の運営共に最も定着している塾に贈られます。

勇気があるからこそ成長できる。生徒が夢や目標に向かって全力で駆け抜けられるよう、気持ちを引き出し、成長を見守る先生として、徹底的に勇気付けを行うその熱い想いをぜひご覧ください。

 

【登壇内容・登壇者情報】

2017年11月22日 @Studyplus for School Award 2017

「Most Motibational School賞 受賞校プレゼン」

 

坂本良(ハイスクールMUGEN, 進学塾MUGEN 教務部長)

中馬夢実(ハイスクールMUGEN 鹿児島中央駅前校 校舎責任者)

 

Most Motivational School賞 受賞校プレゼン」の連載一覧

勇気があるから成長できる。生徒への徹底した勇気付けとは? 【Award受賞校ハイスクールMUGEN】1/2ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

生徒のモチベーションアップのためのStudypus for Schoolの活用の仕方 【Award受賞校ハイスクールMUGEN】2/2

 

本編


 

こんにちは。鹿児島、株式会社夢現の坂元といいます。

私たちは、鹿児島で小中学校をメインとした進学塾MUGENを6校舎、高校生専用の校舎を1校舎を開校している塾になります。

 

まずは株式会社夢現の沿革についてお話させていただきます。今から10年前、2008年の2月に創業し、初年度から無謀なことに3校舎を開校致しまして、ひたすら走り回っていた思い出があります。そして次の2009年の春に、それまで主軸としていた集団指導をやめ、自立型指導に切り替えました。その決断をしたのが2009年の1月ですので、たった2か月で、指導方法を180度変えるという無謀な挑戦をしました。

 

そして、2012年,14年にまた新たに1校ずつ開校し、今年2017年の9月に、7校舎目となる高校生専用校舎「ハイスクールMUGEN」を鹿児島中央駅前に開校することになりました。

9月はまだプレオープンでしたので、正式にオープンしたのが10月です。開校して2か月という中で賞をいただいたので、果たして何を話していいのかという疑問がありました。ただ、ここは頼まれごとというのは、私は試されたごとだと思っておりますので、しっかり私たちの思い・気持ち、そして取り組みを伝えられたらと思います。今日はよろしくお願いいたします。

 

1校舎も減ることなく生徒数を大きく伸ばすことができている背景にあるものとは?

現在職員が代表取締役を除いて13名、時間講師が30〜40名います。そして在籍生徒数は現在7校舎で850名となっております。

開校からの生徒数の伸びなんですけれども、1校舎もクローズすることなく、小中学生の6校舎では新規開校もしないで生徒数を大きく伸ばして来れております。ですので、私たちはこういうのもなんですが、うまくいってる塾なんじゃないかと思っています。

 

その背景には、私たちが持っているコンセプトというものがございます。今日はその話をさせていただけたらと思っております。

 

『教えすぎ』は自分で勉強できなくなる子を増やしてしまう

私たちが集団指導から自立型の指導に変えたのは、高校に入ってから自分で勉強できなくなる子が多かったためです。「教えすぎはだめなんだな」と痛感しました。ですので私たちは、自ら学ぶ力を養うような、要は『魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えるような塾作り』というのを目指しました。私たちのポジションも、教える先生ではなく、子供たちのやる気、気持ちを引き出す先生へとシフトしました。

 

当時2009年、『自立学習』という言葉は鹿児島には全くございませんでした。生徒全員辞めるのではないかという怖さもありました。しかし、私たちは自分たちのやりたいことを信じて、子供たちのより主体的な学び、生き生きとした学び、そして自ら進んでする学びを目指すために、『教える先生』を卒業しました。

 

子供の限界を勝手に決めず、生徒の成長を止めない

さらにもう1つ心に決めているのは、『教える先生から成長を見守る先生となり、生徒の成長を止めない』ということです。

大人は、子供の限界を勝手に決めてしまいがちです。「この子はどうせここまでだろう、この子にはできないだろう。」と。いや、違うんです。本来子供というのは、やる気に満ち溢れていて頑張る自分が好きなんです。私たちは、子どもたちが頑張れる自分を作るために、このMUGENを作りました。

ですのでやっていることというのは、結果の承認よりも子供たち生徒たちの行動承認です。そしてほめることももちろんありますが、それ以上に大切にしていることは、とことん勇気づけです。

 

この塾にきて頑張ったらみんなから承認されると思ってほしい

私たちは、このIT化の時代にすごくアナログなことしかしていません。もちろん教材としてはデジタル教材を使っているんですけれども、心の部分はいつもアナログだと私は思っております。

 

例えば点数掲示。いい点数を取った子はもちろん掲示を作っていくんですけれども、それ以上に、来ている生徒みんなに何か1つでもいいところはないかと順位表の隅から隅まで確認して、一人一人に光を当てて掲示を作るようにしています。夏休みの毎日のテストでは、それらを集計して結果を手書きで掲示しています。

他にも、その日頑張っていた子をMVPとして、みんなの前で手作りの表彰状をあげて表彰したりもしています。この表彰するというのもこだわっておりまして、拍手の仕方も僕たちは生徒に指導するんですね。今の子というのは、なかなか学校で表彰されることも少なくなりましたので、この塾に来て頑張ったらみんなから承認されると思ってほしい。その承認の合図が拍手なんです。僕たちは、こう下の方で叩くのではなく、顔の前で思いっきり手を叩いて相手の頑張りを認めなさいと日頃から指導しております。

 

ですので僕たちの発表が終わった後は、皆さまぜひ温かい拍手の仕方で盛大な鳴りやまぬ拍手をしていただければなと思っております。私もまたそれで勇気が出て、次いい話しようかなと思いますので、お願いします。(会場笑い)

 

徹底的な勇気付け「勇気があるからこそ成長できる」

宿題も出してるんですけども、850人分全部自社で印刷して作っております。この表紙にもその子がどういう風に頑張ったか、何を頑張ったか、それを承認して講師が毎日一言でもコメントを書くようにしております。

なぜこの勇気づけをするかといいますと、やはり私たちの信念の中に、勇気があるからこそ成長ができる、という考えがございます。

 

例えばこの夏休みの宿題、渡した時はきれいにホッチキスも止まってました。ですが、夏休みの最後にはもうボロボロになるんですね。端っこを子供たちがマスキングテープで補強して、表紙がやぶれないようにやぶれないように大事に使っているものになります。まったくもって英語ができない子が今年の3年生もやはりいて、単語もなかなか覚えられないし、はじめは宿題すらできない。でも私たちの関与、そして子供たちが勇気を取り戻していく中で努力が形になってきます。気持ちが形になってきます。それがこの宿題になってくるんですね。書けない単語は、紙の端から端までぎっしり書いていく、足りないから付箋にもいっぱい書いていく。こういう取り組みを私たちは見逃さずに承認して、その子がさらに頑張る課題を与え続けていく。それが勇気づけの上で大事なことだと思います。

 

さらに、この勇気というのはどんどん伝染していくものだと思っています。この付箋が貼ってあるのが中3生、受験生の宿題です。その横に置いてるのは今の2年生の宿題なんです。今の3年生はこういう風に頑張っているよと伝えると、それを見た2年生たちが今度はそれを真似してやるようになるんです。「私も英語が苦手だからこういう風に頑張ればできるんじゃないか」と。そういう形で勇気づけをさせていただいております。

 

先程お見せしたグラフの生徒数の増加からも見られるように、私たちもしっかり一人一人が勇気をもって取り組める塾作りが出来ているんじゃないかと思っております。

 

「夢や目標を掲げ、全力で駆け抜ける君と一緒に成長したい。高校生に前向きさと元気を与えたい」

ただですね、鹿児島というか日本の高校生というのはとにかく自分に自信がない、そして勇気がないと思ってます。「でも・どうせ・だって」という言葉で自分の夢、本来したいことから逃げたんじゃないか。「大丈夫、君ならできる。夢や目標を掲げ、全力で駆け抜ける君と一緒に成長したい。高校生に前向きさと元気を与えたい」という気持ちでやっております。

ちょっと前置きとして、株式会社夢現の大事にしてる心の部分のお話をさせていただきました。これからハイスクールMUGEN教室長の中馬の方から実際のハイスクールでの運営の話をさせていただきたいと思います。

 

(会場大拍手)

 

続きはこちらから

生徒のモチベーションアップのためのStudypus for Schoolの活用の仕方 【Award受賞校ハイスクールMUGEN】2/2

 

 


 

▶︎Studyplus for Schoolの機能を無料でお試しいただけます。お試し登録はこちら!

▶︎詳細の機能や活用事例などをまとめた資料を見ることができます。資料請求はこちら!

 

▶︎導入をご検討中の方向けに無料セミナーを開催しております。参加登録はこちら!