イベントレポート 地域学習塾 自立学習型

生徒のモチベーションアップのためのStudyplus for Schoolの活用方法 【Award受賞校ハイスクールMUGEN】2/2

今回Studyplus for School Awardにて、『Most Motivational School賞』を受賞した鹿児島のハイスクールMUGEN様のプレゼンです。

勇気があるからこそ成長できる。生徒が夢や目標に向かって全力で駆け抜けられるよう、気持ちを引き出し、成長を見守る先生として、徹底的に勇気付けを行うその熱い想いをぜひご覧ください。

 

【登壇内容・登壇者情報】

2017年11月22日 @Studyplus for School Award 2017

「Most Motivational School賞 受賞校プレゼン」

 

坂本良(ハイスクールMUGEN, 進学塾MUGEN 教務部長)

中馬夢実(ハイスクールMUGEN 鹿児島中央駅前校 校舎責任者)

 

◯連載を最初から読みたい方はこちら

勇気があるから成長できる。生徒への徹底した勇気付けとは? 【Award受賞校ハイスクールMUGEN】1/2ㅤ

 

本編


こんにちは。ハイスクールMUGEN鹿児島中央駅前校の教室長をしております中馬と申します。よろしくお願いします。

私の方からは実際に教室でスタディプラスをどのように活用しているかということと、実際の生徒への勇気づけについてお話させていただけたらと思います。

 

校舎自体ができてから2か月しか経っていないのでスタディプラスもまだ2ヶ月しか使っていません。ですのでスタディプラスを使った業務内容はいたってシンプルで…いいねとコメントをする。そして週に1回カウンセリングでアナリティクス機能を見ながら話をする。学習時間のランキングを作る。カルテ機能は今回の授賞式が決まってから使い始めたので、まだ活用して2週間なんですが、すごく使いやすくてこれからも使っていこうと思っています。

ちなみにプランニング機能の方も3日前にやっとやり方が分かって、すごくいいなと思っているので、これから使っていきたいと思っています。

 

Studyplus for Schoolを利用する上で一番大切にしている生徒のモチベーションアップ

スタディプラスを利用する際に、私たちが一番大切にしたいと思っているのが、モチベーションアップです。そのために、とにかく「当たり前を見逃さない」というところを注意しています。例えば「今日も来てくれてありがとう。」来てくれるのは当たり前かもしれないんですけれども、まずは来てくれないとモチベーションをあげることができないので、「来てくれてありがとう!感謝!嬉しい!」という思いを常に持っていますし、生徒にも伝えています。

また、生徒の学習記録に全てにいいね!、たまにコメントをつけます。タイムラインを見ながら、すごく苦手な教科に取り組んでいたり、朝4時とかに起きて勉強している子を見つけたらコメントをしています。

 

そして、週1回カウンセリングやランキング掲示での承認を行っています。

ランキング掲示については、毎週Studyplus for Schoolのアナリティクスからデータを取って掲示を作っているんですけれども、実際貼るとこんな感じで群がってきて、「あ、自分何位だ。入ってる!」とか、「この子すごいな」とか結構ワイワイしています。1日でも掲示の更新が遅れると、「先生更新しないんですか?」言ってきたりするので、「あー見たいんだな」とニヤッとします。

Studyplusにつけた勉強記録は、お守りよりも安心できる

ただ、中にはやっぱり「スタプラ付けるの面倒くさーい」という高校1年生の子がいました。その時に周りにいろんな子達がいたので、彼らに「ちょっとみんなさースタプラつけて良いことないけ?」と聞いてスタディプラスのいいところ見つけをやってみました。

 

そうしたら、鹿児島の高校生ってすごく素直で、「いっぱいある!」「あるある!」という感じで言ってくれて、私も「あ、そうなんだ」と思うような答えがたくさんでてきました。

やっぱりつけてるからこそ気づくことって沢山あるみたいで。例えば、一番上のタイマーの話は鹿児島でトップクラスの高校の女の子が言ってたんですけれども、やる気がどうしても出ない時に、30分ちょっと頑張ろうとタイマー機能で30分設定して、心の中で自分で「よーいスタート」とスタートをすると。2番目の子は、1回先週の自分の記録を見て、今日はそれをまず目標にしようとか、そういう使い方をしているようです。下から2番目はちょっと感動したんですけれども、推薦入試を受けた男の子が、今までの勉強してきた記録がすごく自信になって、お守りよりも安心できたという意見が出たりしました。

 

Studyplus は『高校生が自ら欲し主体性を持って活用するツール』

私たちは最初、管理ツールとして活用しようと思って導入したんですけれども、これは管理ツールじゃないなと思います。生徒たち自身がどうしてこれをつけたらいいのかというのに気づいて、自発的に活用したいと思ってもらえるようにしなければならないな、ということに気付きました。

そして、高校生の勇気づけをするために、これはすごく使えるツールだなあという風に思っています。

最後になりますが、まだ開校して2か月でノウハウも全然ないんですけれども、ただ鹿児島の高校生のために、という思いを強く持っています。

今回「Most Motivastional School賞」をいただけて、私たち自身のモチベーションが上がりましたし、宮坂さん(編集部注:Studyplus for School 事業部長)のプレゼンを聴きながら「スタディプラスってすごいことになりそうだな」と思っていたので、私たちも一緒にスタディプラスを盛り上げていけたらなと思っています。

また来年も賞を取りたいなと思っているので、頑張っていきたいと思います。

ありがとうございました。(会場割れんばかりの拍手)

 


◯Studyplus for School についてもっと知りたい方はこちら

▶︎Studyplus for Schoolの機能を無料でお試しいただけます。お試し登録はこちら!

▶︎詳細の機能や活用事例などをまとめた資料を見ることができます。資料請求はこちら!