インタビュー 導入事例

自学自習の時間の使い方を把握して授業の密度をあげる【導入校インタビュー 個別指導塾EST】

 

〜自学自習の時間の使い方を把握して、授業の密度をあげる

生徒それぞれの理解の仕方に合わせて対応するため、プロ講師のみで運営する個別指導塾EST。自学自習の時間の使い方を把握することで、授業の密度を上げるために、Studyplus for Schoolを活用いただいております。

元々は塾へのIT導入に懐疑的だったという伊藤先生に、塾の経営方法とStudyplus for Schoolの活用について、お話を伺いました。

 

 

インタビューイー紹介

個別指導塾EST講師 田頭和弥

大学時代に塾講師のアルバイトを始める。アルバイトを通して一人一人の表情が変わっていく姿にやりがいを覚える。某大手塾の教室長を勤める。自分の当初の想いとのギャップを感じ、想いを実現するために大学の講師時代の仲間と塾を運営。

個別指導塾EST講師 伊藤公彦

高校時代から自分より他人の勉強の面倒を見る。大学時代は塾講師の傍ら、教育系NPOに参画。本人はゴリゴリの理系だが、ロジカルな解説から直感的な説明まで、生徒の理解の文脈に沿う指導に定評。

 

 

本文

 

ー本日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

 

ーまずは、塾を創業された背景をお聞かせください。

もともと大手の個別指導塾時代のアルバイトをしていて、生徒の関わりの中で心残りがあったりと、さまざまなところでもっと良くできるんじゃないかという想いから、独立したのがきっかけです。

 

 

目の前の子供のことを最優先に考えて、楽しく勉強をさせてあげたい


 

ー以前の塾で働かれていた時は、どんなところに問題意識がおありでしたか?

アルバイトだったということもあり、生徒に対してもっとやってあげたいことがあるのにそうできない状況がありました。やっぱり企業なので利益目的の意識が強く、売上しか気にしていない室長もいたり、もどかしい部分がありましたよね。

僕はアルバイトを経験したあと、その塾で室長まで経験しました。体育会系で上から落ちてくるものをとりあえずやらなきゃいけないというのはなかなか難しかったです。例えば、全国規模でやっていたところだったので、それぞれの地域の特性を見られずに一律で色々決められたりして、その理由は降りてこないとか。

 

アルバイトを経験して、室長の経験もして、それらを生かして、「もっと生徒と密に関われる環境に行きたい」と思って今の塾にきました。

 

 

それぞれの生徒の理解度に合わせて対応する

プロ講師のみで運営する個別指導塾EST


ーそういった課題感をもって始められて、塾として大切にされているのはどんなところですか?

「子供のことを最優先に考える」というのがやっぱり一番大切にしていることです。

みんなプロ講師として、ここのことだけをやっている人だけが集まっているというのはとても大きいと思います。常に同じメンバーがここにいるので、自然と生徒との距離も近くなるし、生徒一人一人のことをよく見ることができています。

 

ー個別指導を、全員プロ講師でやるというのはすごいですよね。

ー生徒さんは何人いらっしゃるのですか?

生徒は今140人くらいいます。比率としては、小中高が2:4:4くらいですね。

全て1対1か1対2で授業をしているので、結構大変ですね…。

 

講師一人が受け持っている生徒が多いので、講師を増やしていきたいとは思っています。ですが、同じように生徒のことを最優先に考えて、生徒にとって魅力的な授業・指導をやりたいというマインドセットを持っている人を見つけるのはなかなか難しいので、採用面は課題としてありますよね。

 

ー一人一人の生徒さんとの関わりが濃いと思うのですが、関わる時に大切にされていることはありますか?

やっぱり生徒それぞれの理解の仕方に合わせて対応することじゃないでしょうか。授業の進め方や、かける言葉は、生徒それぞれ1回1回表情をみて判断するようにしています。

 

あとは、その生徒の頭の中のキャパシティを想定して、「こういう言い回しの方が入るなあ」とか、生徒ごとの文脈をとても意識しています。

例えば、口調の一つとっても、柔らかくいうとかちゃんと定義を元に論理的に伝えるとか、生徒や場面によって区別しますね。

 

授業以外に接点の持ちづらい個別指導型

自学自習の時間の使い方を把握して授業の密度をあげたい


ープロ講師の方々が、生徒さんとコミュニケーションをとって運営されている中で、Studyplus for Schoolを導入いただいた背景を教えてください。

講師が直接関与できない時間に、生徒が何をしているかを見ることで、一回一回の授業の密度をあげて、インパクトのある授業を提供したいと思ったからです。

 

個別指導はどうしても、授業で関わる時間しか彼らの勉強に向き合う時間を取れません。例えば週一回数学をみるとなったら、その一回しか直接的には関わる時間が持てないんですよね。自習に来ていない子などは特に、授業以外で何をしているのかが見えません。

ですので、生徒が普段どのくらい実際勉強して、何につまづいているのかをちゃんと見えるようなものを作りたいなあと思っています。

 

ー今までは生徒さんの学習状況の把握はどのようにされていましたか?

できる範囲では紙でやっているのですが、生徒の人数が多いというのもあって、どうしても授業で手いっぱいになり、記録に残すというのはできていないと思います。

講師それぞれの肌感覚や経験値に頼ってしまう部分がすごく多いので、今後校舎をふやしていく中で、しっかり経験値や知恵をシェアしていく部分は課題に感じています。

今後は、Studyplus for Schoolに記録するのをルールとして徹底していこうと思っています。

 

 

 

初めは懐疑的だった塾へのIT導入


ーStudyplus for Schoolの導入を進めてくださったのは伊藤さんだと思うのですが、元々は教育現場にITを入れることには懐疑的な部分がおありだったんですよね?

そうですね、僕は勉強効率化とか嫌いだったんですけど。

Studyplus for Schoolのイベントに参加して、ユニバースクール(イベント記事はこちら)さんとかのプレゼンを拝見した時に、色々考えさせられることがあって、勉強効率化をしていこうかなと思い始めました。

当時のプレゼンでは「高校生は時間がない」というのを仰っていたのですが、改めて振り返って高校生の生活をイメージしてみたら本当にそうだなと気づきました。もし部活を真剣にやっていたとしたら、勉強に1日2時間取るのもすごいことだなと思いました。

 

そう考えると、もっと勉強への時間対効果を上げられるんじゃないかと思うようになりました。それまでは、一見「無駄」なこともやっている中で有機的に知識が絡んでくれればいいな、というようなタイプだったんですが、そこからは逆張りしてどうしたら徹底的に効率的に勉強をさせて上げられるかを考え始めました。

 

 

ー導入する上での塾内での反発はなかったですか?

ないです。講師の人数が少ないですし、やってみないとわからないという感じでしたね。

いつもそういうので一番反対するのは僕なので(笑)

でも、イベントで導入校の方の話を聞いて、本当にネガティブな意見があまり出なかったですし、皆さんスタディプラスの方なのかっていうくらい絶賛だったので、入れてみようとなりました。

 

 

 

Studyplus for Schoolを導入して勉強の目的意識が上がった


ー導入してみて生徒さんの反応はいかがでしたか?

好きな子は本当に好きで、タイムライン荒らしかっていうぐらいこまめに入れてくれますね。生徒にとっては、学習記録をつけていること自体が勉強した実感になっていると思います。

こちらとしても、記入してくれれば「最近古典やっていないね」という風に声かけができるのでありがたいです。

 

ー定着しない生徒さんもいらっしゃいましたか?

そうですね。もともとの距離感がそれなりに近かった分、さらに見られると気恥ずかしさを感じたり、鬱陶しがられてしまうということもあります。ただ、最初からもっと定着するまで徹底して声がけをし続ければよかったなという反省もあるので、今後も工夫はしていこうと思います。

 

ー生徒さんとのコミュニケーションに、導入した前後で変化はありましたか?

ちゃんと入力してくれている子はありました。

学習記録をみて、「もう少しここに時間割いた方がいい」「これやっていたけど、どこかわからないところはある?」といった話すがきっかけができたり、見直しなど本人だけの管理だとなかなか取り組まないような部分も見えるので、前とはすごく変わったなと思います。生徒への声かけが効率的になりました。

 

それから、Studyplusの導入をきっかけに、生徒とのコミュニケーションが目的ベースになったと感じています。

Studyplusは手段・ツールでしかないので、「どうしてこれを使うのか」という目的を納得してもらう必要があると思いちゃんと説明していくうちに、普段の場面でも目的意識を持つようになったと思っています。

 

普通の教科指導もやりつつ、「なんのためにこの勉強をするのか」という部分も掘り下げた会話をするようになりました。

 

 

 

保護者の方からいただいた

「子供が勉強するようになりました」という声


ー保護者の方からの反応はいかがでしたか?

インパクトとして一番大きかったのは、保護者の方から「勉強をやるようになりました」というお声をいただいたことですかね。面談のお知らせのお手紙を差し上げた時に、そのお返事に書き添えるようにいただきました。

 

可能ならばメッセージの画像載せたいな

 

ー嬉しいですね。それを共有いただいた時、弊社でもみんな喜んでいました。

ー具体的に、現状はどのようにStudyplus for Schoolをご活用いただいていますか?

基本パソコンを開いているので、生徒が学習記録をつけたらすぐいいねをつけて反応しています。

 

それから、生徒への指導内容をカルテに書くようにしています。紙だとかさばるので、ペーパーレス化は進めていきたいですね。いずれ全員がカルテで情報管理をするようになったら便利になるなと思っています。

 

 

 

各分野・学年ごとの勉強ノウハウを蓄積し

幼児から高校生の一気通貫の塾を目指して


ー最後になるんですが、塾としての今後の展望をお聞かせください。

生徒に近い塾というのを、大きくして、しっかりこの地域に残していけたらと思います。

 

この4月から、同じビルの違う階で高校生向けの塾を始めるので、その中でもう少し各分野・学年ごとのノウハウを積み上げていけると思っています。ですので、そのノウハウから高校生での課題を中学生、そして小学生に落として、最終的には幼児系にも一気通貫で展開していけたらと思います。

 

そこに、思いをもって取り組むような人たちをちゃんとそろえていき、そういう人が主体的に関わる場・子供同士も真剣に接し合う場は作れたらいいなと。

ただ、拡大を急いでもしょうがないですから、地道に進んでいきたいと思います。

 

 

ー本日はありがとうございました。

ありがとうございました。